うつ病に関するお話|クリニックで受けられる治療が優れている

サイトメニュー

冬季うつという病気

女の人

光療法で治療

冬の季節になるとかかってしまううつ病があります。それが冬季うつという病気で、冬の季節になるとセロトニンの分泌が不足して発症します。セロトニンとは脳内神経伝達物質の1種で、不足すると情緒不安定になりやすく緊張感が強くなります。なぜ冬の季節に発症するのかといいますと、太陽が昇る時間が少ないからです。太陽光を浴びることでセロトニンは分泌され、精神を安定させることができるようになります。しかしその太陽光を浴びる時間が少なくなればセロトニンの分泌が減少され、不足していきます。そのためうつ病を発症してしまいます。冬季うつを発症した場合、治療は主に光療法を利用して治していきます。太陽光に似た光を出す照明を直接浴び、セロトニンの分泌につなげていきます。2時間以上その光を浴びなければならないといわれているため少々時間のかかる治療法となりますが、それだけ太陽光を浴びることは体にとても重要なこととなります。紫外線は良くありませんが、太陽光すべてが悪いというわけではなく必要な成分もあります。冬季うつを発症し、光療法を用いて治療していく場合、その費用はどれほど掛かるのか気になる人は多くいます。この治療法は、現在では昔と比べて金額は安くなっていますが、それでもまだまだ高額に感じられる人が多く、長期に渡ればその費用も高くなります。1回の治療費がおおよそ6000円から1万円とするところもあり、最低でも5回は通院するといわれています。薬に頼らないで治療することができる方法で、徐々に広がりつつありますが、費用の高さから手が届かないという人もいます。しかしこれから光療法の治療が広がることで、その費用も減額される可能性が高くなるともいわれています。なかなか費用が高いと感じる人は、できるだけ予防することが望ましいといえます。うつ病はセロトニンが不足することが、発症する原因の1つといわれています。普段から積極的に太陽光を浴びることで、冬季うつを予防することができます。特に冬の季節は、うつ病にならないよう休憩時間でもほんの少しの時間でも、できるだけ外に出て太陽光を浴びる習慣を身に着けることが大切です。

Copyright© 2018 うつ病に関するお話|クリニックで受けられる治療が優れている All Rights Reserved.