うつ病に関するお話|クリニックで受けられる治療が優れている

サイトメニュー

サインに気づくことが大事

看護師

症状となるサインとは

うつ病を発症する人は、事前に何らかのサインをあらわしています。しかし本人も周囲も、そのサインとなる症状に気づかないことがあります。うつ病を発症するサインとはいったいどのような症状なのかといいますと、まず、普段笑顔をみせていた人が、徐々に無表情になるまたは落ち込んだ表情を見せるようになります。仕事や学業など、常に行っていた作業にやる気を失い、何もしたくなる状態が続きます。何もしていないのに疲労を感じ、その疲労が何日も取れなくなります。発する言葉もマイナスな表現が多く「自分はいらない存在なのではないか」と悲観的になります。ほとんどの人はそれを病気だと考えずに、一時的な落ち込み状態だと受け止めてしまうことがあり、そのまま症状を放置してしまうことがあります。確かに本当に一時的な状態なのもあり、その判断は難しいかもしれません。どのように判断すれば良いのかといいますと、そのマイナスな思考状態が2週間以上続けば、うつ病になりかけているのではないかと判断して良いといわれています。うつ病を発症してしまうと、本人も周囲も動揺するかもしれません。うつ病は長期にわたって治療するのではないか、もしかすると治らないのではないかと不安を抱える人も少なくありません。しかしうつ病は、ちゃんと治すことができる病気です。多くの人はうつ病を発する場合、脳内神経細胞の1種であるセロトニンの分泌が足りていないことがあります。セロトニンは脳の働きを良くするもので、これが不足してしまうとストレスを感じやすく、常に緊張状態が続くようになります。病院で治療する場合は、そのセロトニンの分泌を良くする薬が処方されることが多くあります。もし病院で診てもらおうとする際は、病院選びも大切です。医師によっては良い医師と良くない医師とがあり、選び方によっては治る早さも変わるといいます。良い詩に出会えるようにするためには、しっかりと自分自身の症状を医師に伝えることです。どのような症状が出ているのか伝え、その患者の話にちゃんと耳を傾けてくれる医師は良い医師といえます。医師によっては話をあまり聞かずに、素早く診断し薬を処方する人もいるため、話をちゃんと聞いてくれる医師を見つけて治療してもらうと早く治すことができます。

Copyright© 2018 うつ病に関するお話|クリニックで受けられる治療が優れている All Rights Reserved.