再発率が高い心の病気|うつ病に関するお話|クリニックで受けられる治療が優れている

うつ病に関するお話|クリニックで受けられる治療が優れている

サイトメニュー

再発率が高い心の病気

メンズ

早期治療が大切

うつ病は発症してもすぐに治療を始めれば3〜6ケ月程度で回復することがほとんどです。発見が遅れるとまれに長期間治療が必要になることもあります。それを回避するためにも異常を感じたらすぐに診察を受けることが大切です。うつ病になると不安や憂うつな気分や何事にも興味が持てないといった症状があらわれ、それが長期間続きます。これらの症状は体にも変化を与え慢性的な頭痛や吐き気、倦怠感などの体調不良も引き起こしてしまいます。たとえば頭痛が起きれば痛み止めを飲めば治りますが、しかしそれは一時的な対処法にすぎません。その原因がうつ病なのですから、これを治療しなければ何度でも頭痛は起きてしまいます。この病気になる人は几帳面で努力家、そして真面目な人が多く、そのような性格も病気の発見の遅れや長期化する原因となっています。うつ病になると集中力が欠如したり物覚えが悪くなったりすることもあります。それを病気のせいだと考えず自分がしっかりしていないからだと考えさらに頑張ってしまいます。結果としてそれが病気を進行させることにもなりかねません。うつ病の疑いがある人は精神科や心療内科で受診することが大切です。診察は、まず問診が行われ以前の病歴やアレルギーの有無や現在使用している薬などを調べます。そのあとに検査を行いますがこれは血液や尿検査のほか血圧なども調べます。これらのあとに医師の診察が行われますが、その時に本人だけでなく家族も同伴することが必要です。医師は患者本人だけでなく家族からも話を聞き総合的に病気の診断を行うのです。そしてうつ病と判断されたらカウンセリングと抗うつ剤などで治療を行っていきます。抗うつ剤は、早ければ数週間程度で効果があらわれてきます。これは副作用がほとんどありませんが体質などによってまれにめまいや吐き気、口の渇きなどといった症状が出ることもあります。その場合は医師に相談すれば別の薬剤に変更するなどの対処をしてくれます。抗うつ剤は病気が回復しても半年以上は服用を続けることが必要です。うつ病は再発率が高いためそれを防ぐためにも抗うつ剤の長期的な服用が必要なのです。

Copyright© 2018 うつ病に関するお話|クリニックで受けられる治療が優れている All Rights Reserved.