うつ病に関するお話|クリニックで受けられる治療が優れている

サイトメニュー

初期の症状や治療法とは

カウンセリング

早期回復を目指す

うつ病には、いくつかの初期症状があります。一つ目は、やる気がなくなることです。やらなくてはいけないとわかっていることでも、実際に行動に移すことが困難になります。今まで楽しいと感じていたことや、興味があったものに関しても同様なことがいえます。症状が悪化すると、会社や学校に行くことも困難になり社会生活にも大きな影響を与えます。特にこれといった理由なく力が湧いてこないのは、うつ病を疑うひとつの要因になります。二つ目は、突然、涙が出てくることです。悲しいと感じたわけでもないのに突発的に泣いてしまう場合は、うつ病の初期症状であることが多いです。特に、電車や職場など人がたくさんいる場所でも涙がこらえられない時には、気持ちが不安定になっている証拠です。うつ病を少しでも早く治すには、初期症状を見逃さないことです。なかなかはっきりと現れる症状ではないため、見過ごされがちですが、身体のちょっとした変化に気づくことができるのは自分だけです。この中で、少しでも当てはまる症状がある場合には、病院に行くことをおすすめします。うつ病の治療には、主に三つの治療方法があります。身体を休める休養と薬を使用した薬物療法、そしてセラピーなどを通して行う精神療法です。その中でも、休養は大変重要です。頑張りすぎて疲れてしまったのですから、十分に心も身体も休める必要があります。具体的には、少しでもストレスの少ない生活を送ることが大切です。ベッドで横になり、何も考えずに寝るようにします。可能であれば、比較的人が少ない静かな時間帯に公園を散歩することも良いです。その上で、医師の指示のもと、抗うつ薬の服用をします。最初は、身体に負担がかからないように少しずつ服用するのが一般的です。抗うつ薬は吐き気やめまいなどの副作用が出ることもあるため、薬の量の調整が大切です。そのため、自分の判断で薬の量を変えたり、服用を勝手にやめてしまったりすると症状が悪化する可能性があるので、必ず医師に相談するようにしましょう。また、必要に応じて、臨床心理士とカウンセリングなどを行う治療方法もあります。主に認知行動療法を行い、不安なことに対する対処法を学び克服することで、再発を防ぐことが期待できます。うつ病は、信頼できる医師を見つけて、ゆっくりと自分に合った治療していくことが大切です。

Copyright© 2018 うつ病に関するお話|クリニックで受けられる治療が優れている All Rights Reserved.